不動産担保ローンのメリットと注意点を知っておく

TOP > 不動産担保ローン情報 > 不動産担保ローンのメリットと注意点を知っておく

不動産担保ローンのメリットと注意点を知っておく

人生の節目の時期になると、お子様が専門学校や大学に進学をしたり、両親の介護が必要になって、介護施設の入居を検討するご家庭も増えてきます。
住宅が老朽化してきて、リフォームが必要になり、まとまったお金が必要になることもよくあります。
キャッシングやカードローンは、担保や保証人が必要なく利用できますが、高額な融資を受けるのは難しいケースがほとんどです。
不動産担保ローンは、銀行やJA、信用金庫などの金融機関で申し込みが出来ますが、土地や住宅、マンションなどの不動産を担保に入れることで、融資を受ける方法です。
不動産担保ローンを利用する場合は、一定の基準を満たしている必要があるため、審査を受ける必要があります。
安定して継続した収入があり、他の債務に遅延や延滞などがない場合は利用できることが多いです。


不動産担保ローンは、住宅や土地などの資産を担保に入れることで、不動産の価値に応じた金額の融資が受けられます。
キャッシングやカードローンは、年収の3分の1を超える融資を受けるのは難しいですが、担保を入れることでまとまった金額の融資が受けられます。
銀行などの金融機関は、担保を得ることで、貸し倒れのリスクを減らすことが出来るため、債権者にもメリットのある方法です。
審査を受けるためには、運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書、収入証明書などの提出が必要です。
キャッシングやカードローンとは違い、短時間で融資を受けるのは難しいですが、審査に通ると様々な用途にお金を遣うことが出来ます。
お子様の進学費用や結婚資金、リフォーム代、介護に掛かる費用なども捻出できます。


不動産担保ローンは、不動産を担保に入れることで高額な融資が受けられるのが魅力ですが、いくつかの注意点があります。
返済が滞ってしまうと、土地や建物などの不動産を手放す必要があるため、毎月きちんと返済をすることが大事です。
キャッシングやカードローンは、担保や保証人が必要ないため、やや金利は高めですが、不動産担保ローンは低金利で融資が受けられるので、長期的な借り入れをしたい人に人気があります。
普段取引をしている銀行や信用金庫、JAなどの窓口や電話などで、相談をしてみると良いでしょう。
30代、40代ぐらいの働き盛りの人は、生活費がかさんでしまったり、まとまったお金が必要になることが多いので、利用を検討してみると良いでしょう。
無理なく返済できる金額だけを借りることが大事です。